男性

リンパマッサージの資格を取得する方法|ゴッドハンドに

伝統のある治療技術

女性たち

柔道整復師になるには高校卒業後に専門学校で3年間学んだ後、国家試験に合格する必要があります。資格を取得すれば接骨院・整骨院で働いたり、独立開業したりできるほか、スポーツトレーナーや機能訓練指導員の道が開けます。

この記事を読む

鍼灸師への道

うつ伏せの女性

鍼灸マッサージを行うには、鍼灸師の資格を取る必要があります。鍼灸師の資格は国家資格で専門学校に通った後、国家試験を受けます。国家試験ですから、しっかりと試験対策をして臨まなければ合格できません。鍼灸マッサージを目指すのであれば、しっかりと試験対策をして試験に臨みましょう。

この記事を読む

医療以外にも求められる

うつ伏せのレディ

リンパを流すテクニック

リンパの流れを促進させ、浮腫を緩和させるリンパマッサージはリンパドレナージュと言われる資格で技術を習得できます。オールハンドによるリンパケアで、医療系で活用する場合には難易度の高い資格とも言われ、技術はもちろん、解剖生理学などの人体構造や機能など、生理学の知識を習得することが求められる特徴があります。基礎となるリンパドレナージュを学び、資格取得できる講座などが開講されているため、学習と技能面を修得することでリンパマッサージに特化するエステサロンでも活躍できます。また近年では、リンパマッサージの効果にリラクゼーションなども反映できる点から、介護・福祉などの専門的な分野にも活用されています。さらに乳児などに施すことのできるベビーリンパマッサージも、専門性が高く働くママなど、女性を中心に注目されています。

セラピストが目指せる

医療機関では、がんなどの術後にリンパ浮腫などでツラい思いをしている患者に対し、リンパマッサージを施すケアが行われています。また、運動不足など老人性浮腫をはじめ、冷えによる手足の浮腫などに悩みを抱える方へ施すのがリンパマッサージの特徴の1つです。資格には美容・医療に分けることができ、テクニックはもちろん、コミュニケーション能力までも引き上げることができ、就職などに活用できる利点もあります。特に、通信講座などでの教育も展開されるリンパケアセラピストを例とした場合、年齢問わず受講できるため、マッサージの手法を知識として持ち、ホームケアに役立てるケースは増えています。また、リンパマッサージは浮腫療法士となる国家資格までが存在している他、近年ではペットに対して施せる資格としても注目され、教育施設自体も増え始めています。

東洋医学の治療を仕事に

お灸

東洋医学の鍼と灸によって治療を施す鍼灸師は、西洋医学での治療と異なり、自然治癒力を高めるための施術をメインとしています。そのため、医療としてだけではなく美容などの別分野でも注目されており、需要も高まる傾向にあります。

この記事を読む