東洋医学の治療を仕事に|リンパマッサージの資格を取得する方法|ゴッドハンドに
勉強道具

リンパマッサージの資格を取得する方法|ゴッドハンドに

東洋医学の治療を仕事に

お灸

独立できる国家資格

鍼灸師は正確には鍼師と灸師の二種類の資格を所有している場合の総称であり、その名の通りに鍼と灸を使用して身体の不調や症状に治療を施すことを生業としています。そんな鍼師と灸師は国家資格であり、養成学校などを卒業して国家資格の合格を目指すことが基本です。それゆえにまさに手に職というように、鍼灸師は専門的な知識と技術を身に着けることが可能です。それに就職となると病院や治療院が多いですが、やがては独立開業することも可能ですし、スペースや設備が整ってさえいれば、自宅での施術を実施することも可能です。また、たとえアルバイトや派遣社員であっても資格がなければ雇ってもらえないため、そういった意味では鍼灸師の資格を所有していればそれだけでも十分な強みになるうえ、年齢や性別も問わないというメリットもあります。そのために将来を見据えて鍼灸師になるべく学ぶ人々も大勢存在しています。

さまざまな分野で

鍼灸師の活躍の場となれば、それは病院や個人の治療院などが一般的ですが、最近は東洋医学の注目度の高まりとともに、鍼灸師の活躍の場も広がりつつあります。まず脚光を集めている現場としてはスポーツ関連の世界でしょう。プロスポーツ選手の治療やリハビリなどをサポートしたり、スポーツジムなどで活躍したりするケースも増えています。またスポーツ同様に増加傾向にあるのが美容業界で、耳つぼダイエットがブームになったこともあり、副作用や後遺症などもないことから注目され、エステサロンなどでも取り入れられるケースもあります。さらには高齢化社会になっていることから介護業界への参入や、豪華客船の船上でのグローバルな活躍など、今までとは違った分野でも着々と活躍の場を広げています。